2012/06/19

介護と自分のケア


~Caring For Yourself からの抜粋~

介護は思いのほか困難なものです。
もし与えることのできるものが自分の中に残っていなければ、あっという間に疲れ果ててしまうでしょう。
介護生活の中で、自分自身を養う機会を持つ必要があります。それは自分をいたわるというだけでなく、神により近づいて自分の力でなく「生ける水」に頼る、ということを意味します。

介護という人生の大変な時期にある人に、以下にあげるいくつかの決意をお勧めします。



1 自分の人生を送る、という決断。

自分の必要や気持ちを大切にする必要があります。自分にも必要があると認めるのは、自己中心ではありません。
神様があなたのうちにその必要をおかれたのです。介護をしていると、他の人の必要が目の前にありますが、それはあなたの必要やあなたの人生を無視する理由にはなりません。


2 助けを求める、という決断。

介護をする人が家族にすら助けを求めることができない、ということがままあります。リストを作り、家族や他の人に助けを求めましょう。経済的な援助も含めて、です。あなたが燃え尽きてしまうのを誰も見たいとは思わないでしょう。



3 限界を定める、という決断。

もし燃え尽きてしまったら、親が本当に必要な時に助けることができなくなります。限界を定めて、親が必要とすること(してほしいということではなく)、どこまで自分が責任をもてるか、自分の他に誰ができるかを考えましょう。


4 自分のために予定を立てる、という決断。 

自分のために時間をとりたければ、時間管理をするのが最善です。一日ごと、週ごと、月ごとにやることリストを作り、それを優先しましょう。自分の健康や充実した生活のために必要なことを削らないでください。日々楽しめること、内面の回復になることをとりいれましょう。


5 自分の身体的必要に気を配る、という決断。

ストレスはまず身体に現れることがよくあります。
体重の増減、不眠、頭痛・腹痛・腰の痛み・高血圧などの身体症状が現れたら、ストレスにさらされており何らかの対処が必要だという兆候だといえるでしょう。
運動、マッサージ、ジャグジー、サウナ、温泉、シャワー、そして深呼吸など、筋肉の緊張を和らげることをしましょう。「ちょっとした休暇」をとるようにしましょう。
やるべき義務から目を離し、自然の景色を楽しんだり、お茶を飲み読書をしたり音楽を聴いたりしましょう。身体によい食事をしましょう。


6 もっとよく笑う、という決断。

聖書は「陽気な心は薬のように良いものだ」(箴言17:22、KJV)と言っています。
笑う機会を増やしましょう。漫画を買う、図書館でジョーク集を借りる、クリスチャンのコメディービデオを買う、レンタルビデオ、など。笑うと心身ともにリラックスします。


7 定期的に休む、という決断。

介護する人には休息が必要です。定期的に自分の代わりをしてくれる人を見つけましょう。
誰かに頼むことを学びましょう。定期的に休暇をとって外出するのは、たまに長期休暇をとったりどこか遠くへ出かけたりすることより重要です。


8 必要なサポートを見つける、という決断。

介護される両親と同じくらい、介護する人にも精神的なサポートが必要です。家族、友人、介護者のサポートグループを探しましょう。私たちは「互いの重荷を負い合う」(ガラ6:2)ように造られています。




JBU2012夏号より
Copyright 2012 Caring for Yourself. Translated from Just Between Us, 777 S. Barker Road, Brookfield, WI 53045



0 件のコメント:

コメントを投稿