2012/09/20

召しに満足していますか?~その3

召しに満足していますか?~その3   Kelley Searcy

あなた自身の持ち味に感謝する。


神様はあなたを現在のミニストリーにかかわるように選ばれただけではなく、
そのミニストリーが果たせるような持ち味もあなたに与えてくださいました。

宣教の働きにおいて、「私はいわゆる『伝統的なタイプの牧師夫人』ではない」
と思うことがあります。
私は歌もうまくないし、ピアノも弾けません。料理も上手ではありません。
そして、過去何年もの間、ばりばり働くよりも家にいる方を選びました。

時間がかかりましたが、私は神様が召してくださった役割に満足し始めました。
さらに重要なことは、私が神様が召されたとおりの在り方でいる、ということを受け取れるようになったのです。


神の御国を建てること以上に人生でわくわくするようなことはありません。神様があなたを特別な存在に造り、今日あなたが置かれている宣教の場におかれたのだ、という事実を受け取ってください。
神様はどんな経験も無駄にはなさいません。・・・よいことも、悪いことも。

毎朝「神様、今日あなたの御国を建てるために、私をどのように用いてくださるのですか」と思いながら起きてみてください。



ケリーは牧師夫人であり、夫とともにニューヨークで開拓伝道の働きをしている。Is My Husband's Call My Call?というCDの作者でもある(www.epicteam.org)。


JBU2012秋号より
Copyright 2012 Kelley Searcy. Translated from Just Between Us, 777 S. Barker Road, Brookfield, WI 53045

0 件のコメント:

コメントを投稿