2013/12/17

嫉妬を感謝に変える その4


「あんな家に住めたら・・・!」


                                   Shalrla Fritz
                              

 
 
3.感謝することを実践する。

髪の毛がオレンジに変色するような家(その1参照)で葛藤を覚えていた時には、向こうの通りの豪奢な家をうらやんでいたので、決して幸せを見つけることはできませんでした。

しかし、現実として、あのような家は私には与えられていなかったのです。
私に与えられていたのは、いくつかのユニークな特徴を持つ、古い家でした。

私は開かずの窓や、じめじめした地下室に直面することを学びました。
そして、屋根のある家に住めることを神様に感謝することを実行しました。
この家のよいところを考えるようにしました。
暖かくて清潔で、私たちの家族が住めるだけの広さがありました。
広い庭があり、通りをはさんで子どもたちが喜んで遊べる公園がありました。


自分の思い通りにいかない時に感謝する、というのは、必ずしも易しいことではありません。
けれども、詩篇50篇23節には「感謝のいけにえをささげる人は、わたしをあがめよう。その道を正しくする人に、わたしは神の救いを見せよう」とあります。

時には、感謝を述べることが難しく、犠牲を伴うことのように感じるかもしれません。
しかし、そうした時に、私は神様の備えとタイミングに信頼することを示し、救い主をたたえているのです。

今は別の家に住んでいますが、それでも時には不足を覚えます。
今でも、足りないものを思って幸せを感じられないことがありません。

でもすでに与えられていることに感謝を表していく時に、私は備え主をほめたたえ、神様と人生において与え続けられている恵みに心を向ける準備をしているのです。

神様が私が心から満足するものを与えてくださると信頼できるように祈っています。
私の羊飼いなる主が、私の目を開いて自分の人生に与えられた祝福を知り、葛藤に勝利することができるようにと願っています。


嫉妬がやってきた時には、再び戦います。キリストの満たしに満足して、不満に打ち勝ちます。
私の家や夫、子ども、働きについて、周りの女性たちの状況と比べないようにしています。
自分に与えられている祝福を数え、感謝をささげる時に満足がやってきます。

そして、豪華な家であろうと髪の毛が変色するような家であろうと、どこに住んでもキリストにある幸せと満足を見出すことができるのです。
 
 



Sharla Fritz は牧師夫人、著述家、講師。夫婦の間には2人の成人した子どもと3人の孫がいる。イリノイ州オーロラ在住。彼女のウェブサイトはsharlafritz.com.



JBU2013 冬号より    Copyright 2013 Sharla Fritz. . Translated from Just Between Us, 777 S. Barker Road, Brookfield, WI 53045


0 件のコメント:

コメントを投稿