2015/01/30

スーツケースの荷ほどきをする(3)





~神が置かれた場所で、腰をすえる~






ジル・ブリスコー






「荷ほどきをする」とは?

私たちは1970年にアメリカに着きました。
そして奉仕する予定の教会で、一部の人たちが私たちを呼ぶのに反対であったことがわかりました。
私たちが渡米するのが導きだと決断したのは間違いだったのでしょうか。

いいえ、私たちが導きであると判断したいくつかのことを思い出す時、間違いではなかったということを確信しました。
また、ここに至るまでの明確なサインをとり違えてはいないことがわかりました。



どのように荷ほどきを始めたらよいか

・現在置かれている状況にどのように導かれたのかを思い返してみましょう。
神様の導きを求めていましたか。
後からくよくよ思うのはやめましょう。


・私たちの場合には、反対している人たちと話し合いを持つようにしました。
話し合うことで、ほとんどの問題は解決しました。
また、役員の人を信頼し、問題解決のために内外からの知恵をもらいました。
いくらかの人々は教会を去っていきましたが、教会にとどまった人との理解に努め、主はその人たちと共に牧会していくようにしてくださいました。


・私たちは「予測していなかった状況の中での荷ほどき」をし、「説明のつかないことを受け入れる」ことにし、手にゆだねられている働きに心を向けました。

どんな大きな決断の中にも、受け入れなければならない「受け入れがたいこと」や、避けられない衝突、さらに予測不可能な決断を迫られることがあります。
謙遜になり、神様の目にかなう情報を得、新しい環境を受け入れ、みことばと祈りのうちに神様の答えを求めていくなら、日々、あるいは一瞬一瞬、御霊によって導かれていくのです。

それでも・・・それはまず、「荷ほどきをする」ことから始まるのです!




Jill Briscoe(ジル・ブリスコー)はJust Between Usのエグゼクティブエディター。世界的で用いられ、40冊以上の著書もある。彼女と夫のステュアートはエルムブルック教会の名誉巡回伝道者として働いている。ウィスコンシン州ミルウォーキー郊外在住。



Just Between Us 誌 2014 冬号より    Copyright 2015 Jill Briscoe . Translated from Just Between Us, 777 S. Barker Road, Brookfield, WI 53045

0 件のコメント:

コメントを投稿