2016/07/27

きちんとできなくても ~その2~


最も大切なことを優先する(続き)

Vicki Courtney

その1はこちらから


私の祈りの生活は、日ごとのある決まった時間というよりは、一日を通しての神様との会話に近いものです。
一日の中で神様の多くの恵みに気づいたときに、神様をほめたたえます。
また、神様のみわざに気づいたときに、時間をとってそれを味わいます。
時には大好きな賛美のプレイリストを再生して、賛美曲のすばらしさに涙を流します。
神様の前に静まる時間がどのくらいかはわかりません。
なぜなら、一日を通じて絶えず神様の前に出ているからです。

ついに私は、このやり方(決まったやり方のない)が最も自分に適していることがわかりました。
そして、何か規則に従うというよりは、神様との関係を築くことに焦点を合わせています。


あなたが日々忠実に時間を守っておられるでしょうが、それが喜びからというよりはむしろ義務になっているかもしれません。
神と共に過ごす時間が、私にとって必要な時間、というよりは単なる「なすべきこと」になっているかもしれません。
もしそうなると、デボーションの足跡はあなたの熱心さを示すだけで、信仰は弱ってしまいます。

行いによる善は、神様との誠実で豊かな関係に導くことはほぼありません。
マリアはイエス様の足元に座りました。
それは、彼女がその時間を絶対に必要であると考えたからでした。
単なるTo-doリストの一つにチェックを入れるためではありませんでした。

神様と定期的に欠かさず過ごそうとするあまり、その過程で神様が不在になってしまうことがあります。
言い換えれば、そこに登録されてはいるものの、神様の声を聞く時にはいないかもしれないのです。
もし神様と過ごす時間がこうでなければ、という方式にこだわると、その時間は特権にあずかる時ではなく、いやいやながらの義務になります。

質問をします。

もし神様との時間を過ごさなかったら、神様と交わらなかったことが気になりますか?それとも、一日抜けてしまったという事実が気になりますか?


あなたの答えが、あなたのデボーションの動機が何かを知るよい目安になります。
神様と過ごすことについて、今まで持っていた動機を捨てたらどうなりますか?
神様と過ごすことについて、どうしたらデボーションを習慣化するかについて今まで持っていたイメージを捨て、新たな思いで始めたらどうでしょうか?
神様と過ごす方法は、他人の方法があてはまるとは限らないのです。


もし継続して神様と交わることができなければ、神がどのようなお方であり、どれほど私達を愛しておられるのかを、た易く忘れてしまいます。
失望、怒り、告白されない罪、答えられない祈り、応じられない期待、そのほか様々な邪魔で、私たちは神様から遠い気持ちになり、神様を避けるように誘惑されるのです。
神様を避けても、魂には不安がつのるばかりです。
私達は神様にあって真の安息を得るように造られているのですから。

もし神様を避けてきたなら、「あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか(へブル4:16、新改訳第三版)」。

神の御座に近づいて、心を注ぎ出しましょう。
もし祈りが答えられなくて心が辛いなら、神様にそのまま伝えましょう。
もしからみつく罪にとらわれているなら、神様のところに行って告白しましょう。
過去の重荷を背負っているなら、神様の恵みを思い出して解放されるように願いましょう。

上の節で使われている「大胆に」はギリシャ語で「parrhesia(パルヘシア)」です。
「はっきり言うこと、率直さ、単刀直入に」という意味があります。
神様は受け止めてくださいます。
あなたが、神様は受け止めてくださらないのでは、と想像しているだけなのです。
今がその関係を修復する時です。
もし罪のなわめに苦しんでいるなら、一晩での修復は難しいかもしれませんが、神様に近づこうとする思いから回復は始まります。
放蕩息子の帰りを待っていた父親のように、神様はあなたを待っておられます(ルカ15:20)。

神様はあなたのことを怒ってはおられません。
また、あなたの反抗を罰しようと御座に座っている方でもありません。
あなたは限られた恵みのおこぼれをもらおうとして、疲れ果てることはないのです。

神様は、あなたの罪を覆うために恵みを惜しまない方です。
何度でも繰り返し言います。
神様は、あなたのどんな理由にもかかわらず、そばに来なかったことを責めることはなさいません。
あなたが必要な時に恵みとまことを施したい、と願い待っておられるのです。

神様との関係を妨げているものが何であっても、あなたの魂は神を必要としており、神様に立ち返って初めて安息を得るのです。
少し立ち止まってみましょう。

全地の神があなたを罪から救ってくださっただけでなく、あなたを知りたい、そしてあなたにもご自身を知ってほしいと願っておられるという、素晴らしい奥義について考えてください。

この驚くべき事実を知るなら、私達はひざをかがめて感謝と礼拝をささげたいのではありませんか。
神様は私達の人生に無理に入ってこようとはなさいません。
私達が選ぶ自由意志を与えておられます。
私達の多くは疲れ果て、混沌と混乱と義務でいっぱいの生活以外見えなくなっています。
けれども、私達にはもう一つの選択肢があります。
それはより良いもので、混乱した魂に安息をもたらすのです。

あなたはその良い方を選んでいますか?
そうでないなら、もうためらうことはありません。



Just Between Us 誌 2016 夏号より翻訳   Original title: "Quiet-Time Flunkie"  
Copyright 2016 Vicki Courtney. Translated from Just Between Us, 777 S. Barker Road, Brookfield, WI 53045 

0 件のコメント:

コメントを投稿