2012/12/20

クリスマスの過ごし方~Jill Briscoeに聞く その3

(続き)

JBU:クリスマスの時期、商業主義に踊らされず、自分も家族もクリスマスの本当の意味を見失わないようにするにはどうしたらよいですか?

ジル:私は50歳になったとき、クリスマスプレゼントを新たに買うのをやめました。そして、クリスマスを簡素化し、本当の意味を見失わずにいようと決めたのです。
その代わりに、「世代を越える贈り物(heritage gifts)」を愛する家族や友人にすることにしました。

自分にとって大切なもので、他の人にとっても価値があるもの、たとえば宝飾品や家族の形見などをあげるようにし始めました。

ある年には、娘にダイニングセットをあげました。娘の家にまさにぴったりで、娘家族も喜んで使ってくれました。

あるいは、その人のためにメモをはさんだ聖書や、日記や、その家庭オリジナルの料理レシピなどをあげるもよいアイデアですね。

子どもや孫にも、同じ方法を勧めています。
こうした贈り物は、ただ必要もないのにするやりとりのための買い物をしないですみます。



JBU:多くの人にとって、クリスマスは1年の中でとても悲しい時期にもなりえます。クリスマスに生じうる心の痛みをどのように扱ったらよいですか?


ジル:神様が私たちの人生に痛みを許されたのなら、痛みをそのままにしておくべきだと思います。良い方である神様の御手からそれを受け取って、何かの目的のために神様がそうされていると知ることです。

もしそうしたならば、神様について今まで知らなかったことを知るようになり、他の人についても今まで知らなかったことを知るようになり、自分自身についても知らなかったことを知るでしょう。

辛い時期の間、私たちは「主よ、この状況を受け入れます。あなたが支配しておられると信じます。痛みを通してより成長し、他の人を思いやり、あなたに似るものとなれますように」と言うべきです。

そして自分に対しては、「この試練の前には得ていなかったもののうち、何を他の人々に与えることができるだろうか」と問うことができます。

神様は私たちが神から慰めを受けるので、他の人をも慰めることができるのだと言われました。神様は辛い出来事をただ私たちの心の成長だけではなく、より良い宣教の働きをするために用いてくださいます。


JBU:読者に、今年のクリスマスの季節を迎えるにあたって、何かすすめたいことはありますか?

ジル:12月の間、少なくとも日に10~15分、神様のことを思う時間をとるように約束されてはどうかと思います。
そうすることで、毎晩寝る前の一瞬の祈りでは得られない、決心や計画が与えられるでしょう。

マルタとマリヤのことを思い出してください。・・・もし私たちが祝福を受けられないほど忙しすぎるなら、私たちは最愛の人にとっての祝福にもなれないでしょう。

もし祈りと聖書の学びをしないなら、(ナルニアの)悪い女王が全てを奪ってしまうでしょう。
そうなるべきではありません。

私たちは心を単なる「冬のお祭り」ではなく、キリストご自身によくよく向けてまいりましょう。




JBU2012冬号より
Copyright 2012 Holly G. Miller. Translated from Just Between Us, 777 S. Barker Road, Brookfield, WI 53045
  

0 件のコメント:

コメントを投稿