2013/02/23

ジャーナル入門(Journal 101)



ジャーナル(日記、日誌)で、あなたの霊的生活が変わります。




 
by Elisabeth K. Corcoran



私は高校生のころからジャーナルをつけています。
それらは全て、今も手元にあります。お気に入りの棚にしまってあって、時々取り出しては眺めています。
自分が若くて未熟だったことに笑える時もあれば、涙が出てくることもあります。
自分がかつてどんな少女であったか、そして今のような成人の女性にどのように成長したのかということに驚きます。
読み返すと、現在の自分はその当時からは想像できない状況にあります。

けれども、どのページをめくっても、そこには同一人物の自分がいるのです。



始め方

・自分のためにすてきなノートを手に入れ、お気に入りのペンか鉛筆を見つけましょう。あるいは、パソコンのワードを利用しましょう。
どちらにしても、自分の一番気に入ったやり方でするのがうまくいきます。

・少し時間があれば、特別な演出をしましょう。キャンドルを灯したり、静かな音楽をかけたり、コーヒーや紅茶を自分のために入れたりしてみましょう。




何を書くのか

・神様への手紙。なんでも、どんなことでも伝えてみましょう。

・子どもへの手紙。私は2人の子どもそれぞれにあてたジャーナルを書いています。成長したらそれを渡そうと思っています(実際には、以前の方が今よりも頻繁に書いていましたが…)。

・忘れたくない子どもの面白い言葉

・聖句を書き、自分の生活にどのように適用するか神様に尋ねる。

・創造的なアイデアや計画を心にある大きな問題への解決法を思いつくまま書き出す。

・人間関係のトラブルにおいて、自分の立場を明らかにする。

・腹の立つ人に宛てて手紙を書く。怒りを発散するために。でも、それを実際に送ることはしない。

・祈りの課題や答え。ジャーナルは神様の御手が人生にどう働いたかを記録する美しい方法です。

・好きな引用句。

・読んでいる本の一節。

・教会のメッセージの一節。

・目標とそれに至る過程について、実現のために書く。そして、実現した後、どのようになったかも書く。

・メリット・デメリットを書き出して意思決定をする。

・家族の歴史。



覚えておきたいこと

・ジャーナルは非公開のものです。正直になって、心にあることをそのまま書きましょう。自分を偽らないこと。あなたと神様のためのものですから、他人が見る必要はありません。神様はどんなことでもご存知ですから、ジャーナルは自分のありのままを出せる場所なのです。

・集中するのが難しいことがあります。立ち上がって気になること(例えば「サラが靴下がほしいと言っていたけれど、あるかどうか確認しなくちゃ…」といったこと)をする代わりに、その日のジャーナルのページの上の余白にメモして、後で終わってからTo-doリストに加えます。

・私は、年末に1年分のジャーナルを読み返すのが好きです。(1年間、毎日きちんとジャーナルをつけると、読み返すのに9時間くらいかかります。読み終わるまでに疲れるほどの量です。)

それでも私がこのことを興味深くしている理由は、かつて1日単位では見えてこなかった、生活の疲れの原因となっているものを見つけることができたからです。
ジャーナルを読み返すことで、私は仕事をやめてフリーランスになり、執筆や講演活動に力を入
れるという決断をすることができました。
ジャーナルを読み返すことがなければ、私にこの決断ができたかどうかわかりません。




ジャーナルは重荷にならないことが望ましいです。最終目標は、単に毎年いっぱい書かれたたくさんのノートを所有ことではないのです。
人生の訓練はすべて、そのノートでおさまるわけではありません。

一般的に言って、きちんと続ける人は、それがとても楽しいから続けているわけではありません。
けれども、自分の思いを文章にすることはとても報いのあることです。劇的に報いがあることです。

ページの終わり、段落の区切り、あるいは文の終わりに来る時、書き出して見るまでは気づかなかった、自分のあることへの本当の気持ちに初めて気づきます。

それはまるで、自分の本当の気持ちを別の自分が傍受しているかのようです。パーカー・パーマーは「あなたの人生が話すことを聞け」と言いました。

ジャーナルから何かを得るまで、書くことを楽しみなさいというつもりはありません。
少しずつ始めて、あなたのやり方に合うか確かめてください。
それから、人生の苦しい時期、幸せな瞬間、そしてその間のすべてのことについて、心と魂の気づきを味わってください。




Elisabeth K. Corcoranには10代の子どもが二人いる。”At the Corner of Broken& Love""Where God Meets Us in the
Everyday"(amazon.comでペーパーバック・Kindle共に入手可)などの多くの著書がある。
ウェブサイト:
www.elisabethcorcoran.com   ブログ:http://elisabethcorcoran.blogspot.com/


JBU2013 春号より    Copyright 2013 Elisabeth K. Corcoran. Translated from Just Between Us, 777 S. Barker Road, Brookfield, WI 53045
  




0 件のコメント:

コメントを投稿