2017/12/22

聖書を読むのはつまらない?!(3)

~神のことばを再び読みたくなる秘訣





Sandy Mayle



←その(1)    ←その(2)

(続き)

私は、前の月に選んだ聖句を用いても祈り続けます。
なぜなら、たとえば自分の舌の用い方について教えられたことや、イエス様が人々と関わっていかれた例といった、示されたことを忘れたくないからです。
1年の終わりには、各月に学んだ聖句や祈りのポイントを記した小さなカード集が完成していることを期待します。
そうすれば、この年に学んだ事柄の「選り抜きバージョン」を常に持ち歩くことができるでしょう。

もしみことばに対する新たな愛がほしいと祈るなら、神様のあなたに対する答えは私とは全く違うかもしれません。
神様はあなたの必要と、あなたに対するご自身の計画に特別の道に導かれるでしょう。

一番大切で心にとめるべきことは、神様がみことばを開く時に私たちに喜びを与え、聖霊が導かれて、神の子どもたちがみことばから隠された宝を探し出し、かけがえのない富んだ鉱脈を見出すことです。
神様は私たちに必要なものをそこに備え、私たちを導きたいと願っておられます。

また、神様は、私たちがただじっと自分のポケットに宝を入れたままでいてほしくないのだと確信します。
神様は私たちを通して働きたいとも願っておられ、新たに見出した富を他の人々と分かち合ってほしいと思っておられます。
神が語られる中には個人的な必要や益になる「秘密」もいくつかあるでしょうが、多くは与えられた交わりや贈り物や宣教のわざを通して流し出していくべきものです。
驚くことに、流し出していく時に、私たちはさらに豊かさが増すのです。
聖霊の導きに従い、神のことばに信頼して飛び込むのはなんと素晴らしいことでしょうか。

新たな情熱は強くなったり弱くなったりします。
私自身も確信のある聖句を与えられなかったり、何を聞く必要があるのかわからなかったりします。
ですから、先に書いた3つの祈りを絶えず祈り、神様にみことばへの情熱をくださるよう求めます。
みことばへの情熱は神が与えてくださるもので、私はそれを大切にし育てていきたいのです。
みこころなら、もう二度と聖書に飽きることがありませんように。


←その(1)    ←その(2)

*Sandy Mayle:フリーランスライター。Discipleship Journal や Pray!誌他様々な記事がある。夫と共にペンシルベニア州エリ―在住。3人の成人した子供と3人の孫がある。
Just Between Us 誌 2017 冬号より翻訳     
Copyright 2017 Sandy Mayle. Translated from Just Between Us, 777 S. Barker Road, Brookfield, WI 53045

0 件のコメント:

コメントを投稿