2012/11/16

信仰を取り戻すまで ~その4

信仰を疑うほどの悲劇を通った
女性のあかし(4)




                Tammy Kill



・・・それはこのような歌でした。

信仰を抱き
希望を抱き
大丈夫という約束を信じていれば
十分でした

しかし それが感じられないとき
それが見えないとき
どうしますか

それでも信仰に立ち続けます・・・


その日、奇跡というしかありませんでしたが、手術は実施されませんでした。
看護師によれば、手術は延期になり、医師がもう一度傷口を消毒して来週に備えるとのことでした。

治療の日々からリハビリの期間に入ると、フェイスは車椅子で我が家に帰宅することができました。
それから徐々に歩行器を使うようになり、クリスマスにはほんの少し足をひきずる程度にまで回復しました。
傷あとは依然としてはっきり残っていましたが、回復も奇跡的なほど明らかでした。

ヘルブ11章1節には、「ですから、信仰は望んでいることがらの実体であり、目に見えないものの証拠です(KJV)」とあります。

信仰は実質を伴うものであり、私たちが希望を持てる理由です。
困難がないことが希望なのではなく、神様の恵みによって困難を通ることができることなのです。

私は逃れようのない、本当に暗いトンネルを通らねばなりませんでしたが、その最後には明かりがありました。
喜び、平安、勝利、そして信仰がトンネルの出口にありました。

今は、この人生において真に超自然的な経験をするには、それ以外の道がないとわかります。
私たちが魂の底から痛むような経験を通らない限り、超自然的な事柄を見ることはできません。

神様は、痛む我が子を見ることの悲しみを、知りすぎるほど知っておられます。
その時も、今も、神様はここにいて、私たちを忍耐強く待っていてくださいます。

神様は娘を家に戻してくださっただけではなく、私たち家族の心に信仰をもう一度与えてくださいました。そのことが、娘の回復にもまさることでした。



タミー・キルはオハイオ州リマの聖リタ医療センターの正規看護師で、7年間ホスピススタッフとして勤務している。所属する教会では短期聖書学校の講師を務め、女性ミニストリーに関する講義をし、執筆や賛美の奉仕にも携わる。夫婦には8人の子供が与えられている。


JBU2012秋号より
Copyright 2012 Tammy Kill. Translated from Just Between Us, 777 S. Barker Road, Brookfield, WI 53045

0 件のコメント:

コメントを投稿